スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第593話「復活の大蛇丸」①

 
「大蛇丸に会うってどういう事?
それに”全てを知る人間”って何なの?」(水月)

「…お前らには関係のないことだ」(サスケ)

「………」(重吾)

「何だよ…訳分かんないね
ンなことより…

大蛇丸を復活させるなんてダメだ
その巻物の力を使うのに
大蛇丸にお願いする
つもりなんだろうけど…
時間をかければ
君にだってできるようになるって

そう思ったからこそ君を探してわざわざこうして…」(水月)

エーッと、ナル×ジャンのケルベロスです!とうとうこの時がやってまいりました!!大蛇丸…復活の大蛇丸!!!この場合、祭りを起こすべきだと。ナル×ジャンが神輿を担いでワッショイ!!ワッショイ!!とするべきだと。大蛇丸…会いたかったぜェ~!!ワイルドだろォ~↓(笑)。震える指で頁を捲りゲシゲシと読み進み、僕はアーでもないコーでもない…と考えながら、ワクワクする心と、どうしようもなく大蛇丸をカッコ良い!!と思う自分があっちこっちへ走り回り収拾がつかなくなる程でした。さて、その気持ちと熱をどんな風に皆さんに伝えれば良いのでしょうか?これは唯唯、書いて書いて書きまくるしかない!!いつぞやに湧き出した使命感みたいなのと物凄く似ています。

ではズズズイぃ~と…と行きたかったんですが、三連休の初っ端に実はオトナの事情(…という名の野暮用)がございまして感想カキカキに没頭できませぬ。つきましては命を燃やす様に書く所存ではございますが、非常に申し訳ありませんが、暗くなるまで待って…と言う事で、一つ宜しくお願い致します。ま…ホントは月曜日の13時がナル×ジャンのスタートラインなんだしーッ(笑)。いろいろ予想してた事が尽く外れてて、こりゃ軌道修正せねばなりませんし、サスケが大蛇丸を求めるところに例の「巻物」の謎解きもある筈なので、そこんところをしっかりと踏まえながら感想&考察していこうと思います。何はともあれ、大蛇丸の男前に免じまして、暫くお待ちくださいませ(←何のこっちゃッ!!)。

「大蛇丸でなければ
できないこともある」
<ザッ>(サスケ)

でも、僕も我慢できないので「大蛇丸でなければ…」ってところなんだけど、これは取り敢えず、穢土転生の術でFA(笑)。それだったらカブトで良いじゃない。カブトを使った方が安全じゃない…と思われますが、恐らくカブトが呼ばなかった死者にサスケは用事があるのではないかと思います。小ちゃいようですが、サスケは忍界や世界云々ではなく、未だに「うちは虐殺」に絡む父・フガクが画策した一族のクーデターに頓着してるんではないかと思います故、フガクやミコト…できればダンゾウなどを呼び出してあれこれ尋問したいのではないかな…なんて、僕は考えています。その辺りの伏線も続々と盛られてるので、読み進む中で説明しますね。あー一気に書きたいのに、ウラメシやオトナの事情(汗)。

もしかしたら…あの方とも再会できそうな…(続く)。

夢は夜開く…(古ッ)。



 

第593話「復活の大蛇丸」② | BLOG TOP | 第592話「第三勢力」⑤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。