スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第599話「うちはオビト」

 
「!?」(ナルト)

<スッ>(トビ)

「お前は…」<ゴゴゴゴゴ>(カカシ)

「オビト…?」(カカシ)

……こ・れ・だ……け!!??

キッ神の…

ナル×ジャン潰し

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(←台詞なし)

台詞が全く無い!!(滝汗)これは多分トビの回想…つまり、トビ=オビトって事なのかしら。或いは、カカシの回想かとも思ったとです…一瞬。でも、カカシが知らないカカシの上忍祝いのプレゼント談合で、オビトがリンちゃんの呼びかけ(同期メンバーでカカシ上忍就任を祝うプレゼント任務…極秘任務)に花束もって勘違いしてるのは、オビトしか知り得ない内容。世界中でこの黒バックの回想を構成できるのは唯一、うちはオビトのみ…という事で、トビ=オビトはここに達成されました(笑)。誰かがトビに憑依して…とかじゃなくて、正真正銘、トビ=オビトで、オビトは何らかの手段で命を繋いでトビとして”暁”を運営し、世界を混乱のドツボに貶(おとし)めたんだと思われます(汗)。

ただし、九尾事件四代目火影・波風ミナトと殺り合ったトビとここに居るオビトが完全に一致するかと申しますと疑問があります。九尾事件といえば神無毘橋の戦いから一〜二年程度後の時系列の筈ですから、九尾事件で登場したトビは少し大きいです。また、うちは虐殺の前にイタチと接触していたトビ(お面の忍)と同一とは断じられない。この辺りまだ明かされていない秘密があってキレイに説明できません。それで仕方なく、暫定案として「トビ複数説」をナル×ジャンでは提唱しています。サスケの万華鏡の儀式で転写封印・天照を浴びたトビが一度引っ込んで再度登場したトビは別もの。それがトビが<ホッ>っと胸を撫で下ろした「全てを知らなかった」ではないかと思います。

サスケの儀式で一等最初に登場して転写封印・天照で燃やされたのがオビト・トビで、再度出て来たのが別のトビ…例えばシスイ・トビ…とか。輪廻天生の術とか穢土転生の術でしか現世に復帰できないキャラはトビ候補から外す必要があるのではないかと、今週号を何度も読み返して思いました。凄く突飛ですが、うちはシスイも両眼のオリジナルの写輪眼を失ったけれど…トビとして復帰するのはシスイの性根(精神性)を考え合わせてもアリ…と考えるべきなのだと思います。今回、ナルトにお面を割られたトビがオビトに確定しましたが、あのオビトがトビなんて外道に成り下がる道理というものを考えねばならなりますまい。しかし、それは黒バックのオビトの回想にメチャクチャ濃厚に描かれてたから…お立ち会い!!

黒バック…キッ神のアシが銀座のITO-YA・伊東屋さんで箱買いした墨汁です(笑)。かつてはゼツがアフロ用のコームを買おうとしたお店(史上最大の兄弟ゲンカ編参照…ウソ!!)です。この黒バックでトビ=オビトは「オレはリンちゃんが大好きなんだ!!」と吐露しています。リンちゃんと出会ってしまったオビト。無条件に「恋」が始まる。それはまるでまな板の上の「鯉」(笑)。詳しくは「オビトは何故、”目薬”をさしていたのか?」(恋愛論)参照の事。ここからオビト・トビ「本ルート」外道・輪廻天生の術の使い道はリンちゃん一択。今は「別ルート」に入ってるんで、恐らくサスケの永遠の万華鏡写輪眼オビト・トビは狙っているのでしょう。

それを柱間の細胞輪廻眼にスペックアップさせて、サスケの瞳力でリンちゃんを生き返らせる計画。多分、いかな輪廻眼といえども外道・輪廻天生の術は一度切りに限定された能力なんではないかと思います。だから、ペインが殺しまくった木ノ葉の雑兵のみならず、写輪眼のカカシまで蘇らせてしまったもんだからギッチョンチョン(古い?)、オビト・トビの悔しがり方と来たら…<ワナワナ…罠>(笑)。オビトは十尾のチャクラを得て、世界を大幻術・無限月読の夢に落とし、その後、リンちゃんを外道・輪廻天生の術で黄泉返らせて、リンちゃんすら幻術にハメて我がものとしようとする勢いがあります(汗)。これって正直、ヤバイよ…オビト(汗)。新聞に載るような事件起こすタイプ…

…って、もう第四次忍界大戦勃発してんじゃん!!(とノリ突っ込みを少々)そんな他愛もない…と思うなかれ!!オビトにしてみれば、それが人生の全てなのであります。オビトは全世界と天秤にかけようとリンちゃんの方が断然重い訳だ。しかし、リンちゃんはカカシしか見ていない。リンちゃんの胸にはカカシの恋の矢がブッツリ刺さってますがな。しかも、その矢ですが、カカシが弓で射た訳じゃなくて、リンちゃんが自分で自分の胸に突き立てたんだから、オビトには何とも御愁傷様です。ぶっちゃけ、それが恋愛という異種格闘技の全てなもんでゴメンナサイ。恋はいつだってゴメンナサイなんだな(←ケルベロス!!お前だけだろーッ!!…と古傷がズキズキと痛む…ゲフォゥッ…吐血

オビトが神無毘橋の戦いの大岩の下から穢土転生でもなく、輪廻天生でもなく脱出するのは可能なんでしょうか?少し前の血気盛んなケルベロスだったら、ここで…続きは考察で(この場合、「トビ=オビト仮説」)となるんだけど、このまま行きますね(笑)。オビトは神無毘橋で死ななかった…その可能性について、ココでしっかりと考えるべきだと思います。先ず、大岩の下敷きになってオビトは即死していません。これはいい感じでオビトの身体を潰し切らない隙間があった証拠だと思います。しかも、そこでオビトは沈着冷静に自分が覚醒したばかりの貴重な写輪眼をカカシの欠損した左眼に移植する提案を持ち上げます。そして、例の「眼軸ごと」とマニュアルチックな台詞を口にします。

「…カカシ…
リンを…リンを連れて…
早く…ここを離れろ…
て…敵(岩隠れ)の増援が…
く…来るぞ…」
(オビト)

オビトは岩の下敷きになりながら、自分の左眼をカカシに供出し、その術後、間髪入れずに敵の接近を感知しています。これはオビトの右眼が健在である証なのだと、僕は考えています。オビトは大岩の下敷きからは脱せないまでも即死にも至らない、ぶっちゃけると、実は生温い環境に在ったのです。だから、冷静にアレコレ指図し、その上で敵の接近も感知できたのです。オビトはここに来てカカシにも見出せない岩隠れの迷彩隠れの術を見出す感知能力があり、それがリンちゃんとカカシの土壇場で急速に拡大していたのではないでしょうか!!オビトの写輪眼は、この時点で三つ巴文様…大切なものを守る為に覚醒した!!…第三次覚醒を迎えていたのではないかと、僕は考えています。

だから、岩の下敷きになりながら、カカシもリンちゃん(医療忍者なんだからチャクラには敏感そうなんだけど)も気付かない戦場の変化をオビトだけが感じてた…しかも、それは二つ巴文様…さっきまでのオビトの瞳力にはなかった能力だった。つまり、オビトはこの土壇場に写輪眼の第三次覚醒を為し得てカカシとリンちゃんを見事に守ったのだと思うんです。巻ノ二十七の173頁・外伝最終話:写輪眼の英雄(ep244)を目皿で、一つ夜露死苦お願い致します(笑)。オビトの写輪眼はこの時、猛烈なスピードで進化してたんじゃないでしょうか。オビトは「痛み」を感じないと言ってましたしアドレナリンが大量に分泌されて写輪眼的には進化の絶好シチュエーションだったんですよ。

(…カカシの奴と…
せっかく仲良く…なれたのになぁ…
…リンには…結局…告白…できなかったなぁ…

みんなと…
もっと一緒にいたかったなぁ…)(オビト)

(オビト…!)(カカシ)

巻ノ二十七の175頁・外伝最終話:写輪眼の英雄(ep244)ココ!!もう写経して欲しい!!(笑)自分の進言でカカシとリンちゃんは九死に一生を得て助かるんです。しかし、オビトにしてみれば悔しい!!これまで生きて来た中で最高に悔しい訳。…そう!!そうなんです!!オビトの人生の中で最高に後悔したんです…オビトは。そして、この時、オビトの写輪眼は万華鏡を開いたのです!!(断言)オビトの精神的、肉体的な状況が写輪眼の進化に最適な状況と奇しくも一致し、オビトの写輪眼は神懸かった進化を遂げられたのではないでしょうか。オビトの悔しい気持ちが、生きたいというモチベーションであり、多大な後悔こそが万華鏡写輪眼を開く「鍵」なのだから…。

オビトは大岩の下で万華鏡を開いた!!

「なんということでしょう」(大改造!!劇的ビフォーアフター風)…オビトの身体は神威の時空間に転送されて痛みから解放される。そこからは一時、安全な場所に跳び、傷を癒した。そもそも身体の自由は奪われたけれど致命的な傷は負っていなかった。オビトは再生し、時空間移動の瞳力を用い木ノ葉の南賀の神社境内下の「うちはの石碑」を読みに行った。そこで、石碑に記された万華鏡写輪眼領域までを読む。柱間の細胞。イザナギの存在。それを知ったオビトはうちはの眼・写輪眼の収集に走る。それがオビト・トビ側の「うちは虐殺」の動機になったのかも知れません。オビトは自分の真の能力に触れた時、誰でもない男になろうと思ったんじゃないのか…!?

リンちゃんはカカシしか見ていません。リンちゃんの眼にはカカシしか映っていない。この変えようもない現実を覆(くつがえ)すのは、うちはの幻術しかないと思ったんじゃないでしょうか。カカシを殺したところでリンちゃんの気持ちは変わりようもない。そんな深い事もオビトは解る子だった。そういう風に思えるオビトだから、幻術しかないと思っちゃった。そう…「恋」って残酷なのよ。リンちゃんは何の躊躇いも無くオビトの身体にメスを入れ大切な写輪眼をカカシにキリキリと移植しちゃったし。オビトは誰でもない男になって、リンちゃんを生き返らせてリンちゃんが自分を好きになる夢を見せたい!!…と真剣に思った。オビトはリンちゃんの心が欲しいだけなのだ。

それがホントの「月の眼計画」なんじゃないのか!?

「シスイ補正」が必要なんで続きます。


オビト・神威(ep599補正①) | BLOG TOP | 第598話「粉砕!!!!」④

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。