スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第603話「リハビリ」③

 
「何もそんなにんなくても…
じゃあ後でリンバカカシについて聞くよ!」(白ゼツ)

「特にそっちのグルグルお前は嫌!

それより他の白いのどこに行った?」(オビト)

「外行って情報収集…」(白ゼツ)

「え!!?
外出れんのかよお前ら!!」(オビト)

「ボクら地面の中を移動できるからね」(白ゼツ)

「…何だよ…それ…

…オレはこんなとこに閉じ込められ…
訳分かんねー話され…」(オビト)

「うんこの話して

スンマセンッス!」(トビ仮面改めグルグル)

「その話じゃねーよ!
マダラの話した方!」(オビト)

「ガキに合わせて話すほど
人間できてないからマダラ」
(白ゼツ)

「インガを切るだの何だのと…」(オビト)

「まぁカンタンに言うとね
本当の世の中の嫌な事を捨て
良い事だらけの夢の中に


逃げちゃおうって話!

夢だから何だって思い通り…

死んだ人だって

生きてることにできる」(白ゼツ)

「夢の中…?」(オビト)

「ん…ああ…
幻術ででっかい夢の世界を造って
そこに皆で行こう!ってこと
…行こうって言うよりは

無理矢理連れていく感じ

なんだけど…しかも一生ね」(グルグル)

「幻術で…?
…今度はバカバカしすぎて
意味が分かんねーよ」(オビト)

「マダラぐらいがあれば何だってできるよ…
ただ今は弱っててできないよ
…だから色々と準備があんのさ」(グルグル)

「あっそ…興味ねェーな
ンなことより…

オレは絶対外へ出るからな!」(オビト)

トビ仮面の呼称を「グルグル」に変更(笑)。オビトが嫌(イヤ)!って事は興味ありって事でFA。それと白ゼツはこの頃から複数存在してたんですね。きっとこの頃から将来あるだろう忍界大戦を踏まえて準備してたんでしょう。外道魔像は今は空っぽだけど、この後、尾獣を狩りまくってチャクラをドンドン取り込んでいく予定だから、それで白ゼツを量産して兵隊を拵える青写真がこの頃既にあった訳だ。問題は黒ゼツだろうなと思います。白ゼツの柱間の細胞の培養体と考えていいと思うんです。同じ素材がグルグルやオビトの失われた右半身を補完していますね。柱間の細胞が備えた生命力=陽遁を陰遁のイメージ力で造形してるんだろうと思います…が、黒は未だ符合する要素がありません。

これまでもトビとゼツの関係をいろいろ考察してて、ゼツに「イズナフラグ」が立った時もありましたが…ま…僕が勝手に立てたフラグなので直ぐに消えましたが…トビとゼツ(左右合わさった状態)の語らいが何だか長年連れ添った感が漂ってました。トビが「サスケを手懐けた」なんて言いながら、メチャクチャ下品で嫌らしい目つきで笑ったシーンがあったかと思います。アレ見てトビ=オビトとは思いません。それで仕方なく「トビ複数説」を立ち上げざるを得ないんだけど、現状良い感じに白ゼツの右半分が欠損してて、それを補うようにグルグル(旧・トビ仮面)が右側を受け持ってますんで、何らかの事情でグルグルが黒くなって白ゼツと凸凹が合わさって融合してもいいかな…と思います。

ま…その前に、何でこの子ら(グルグルと白ゼツ)の姿が片側ないのか?という疑問を解消すべきなんでしょうが、当のマダラ(仮)がスヤスヤと眠ってて…そのままお亡くなりになりそうな(汗)…どうにもこうにも(笑)。それにしても、「月の眼計画」の全貌をガキのオビトにも解るように説明する白ゼツとグルグル…この子ら、「夢の中に逃げちゃおって話!」(白ゼツ)とか「行こうって言うよりは無理矢理連れていく感じ」(グルグル)という風に、ちゃんと計画の下らなさ(笑)を認知してるんです。そして、この子らは感情だけでなく知性とか感性、お笑いのセンス(蛇足)等々を兼ね備え、それらがしっかりとした自我すら構成しているように思います。それがこんな下らない計画を容認するか?

僕にはそれが不可解なのであります。そもそも「月の眼計画」とは人が生きる事を否定する…それこそ馬鹿げた「夢」でありまして、しっかりとした自我を有し、明らかに生きている白ゼツやグルグルが黙ってそれに従うのは本能に背(そむ)く行いに思えてならんのです。その上、こんな風にあっけらかんとしてて…これにはきっと「バーター」が存在する!!計算高いケルベロスにはそう思えてなりません。例えば、自分の欲する「夢」を実現するとか、或いは夢の世界に連れていかれずに、自分の意志で自由に居られる…つまり「月の眼計画」を免責される特典があるとか…。まさか人造人間として、創造主のマダラに絶対服従してるなら、それもアリなんだけど、その割にはあれこれ興味あり過ぎうんこ。

そして、白ゼツとグルグルにオビトも合流するんだから、その「バーター」(交換条件)に「リンちゃんと結ばれる夢」を与えられるとか、今後の展開ではアリだと思います。それにリンちゃんって「見殺し」ってんだから、ホントに死んじゃうんですよね…。ってことはトビが長門の裏切りに「オレのための…」と悔しがった外道・輪廻天生の術無駄撃ちですが、それもリンちゃんを生き返らせる為にトビは取っときたかった…とも取れるんです。カブトが穢土転生で呼んだマダラにマダラとその協力者であるトビの間にある種の「温度差」がある事をめかしておりましたし、あれこれ考えてると頭の中がグルグルとしてきますね(笑)。でもこの時点では未だオビトはオビト…。

オビト一生懸命生きている!!

小刻みでゴメンナサイ(続きます)

メッセージありがと!!(胸熱過ぎ)



第603話「リハビリ」④ | BLOG TOP | 第603話「リハビリ」②

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。