スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第608話「カカシの決意!!」①

 
<ズズズズ>(オビト)

<バババ>(オビト)

<ダン>(土遁・土流壁!!)(カカシ)

<ズズン><ガガガガガガ>

<スゥッ>(オビト)

<ガッ>(オビト)

<ガッ><ズサッ>「くっ…」(カカシ)

「……なぜだ…!?」(カカシ)

「…もう口を閉じたらどうだ」(オビト)

「口先だけのクズは」(オビト)

「…!!」(カカシ)

<ズオオオオオオオ>(オビト)

<ズン>(オビト)


「ぐっ!」<ドサ>(カカシ)

<ハァ><ハァ>(カカシ)

「オレは”白い牙”
本当の英雄だと思ってる…

…確かに忍者の世界で
ルールや掟を破る奴は


クズ呼ばわりされる…
けどな…

仲間を大切にしない奴は

それ以上のクズ

お前がリンを…
見殺しにしたから…

だろうな…」(オビト)

<ポタタ>(カカシ)

<ハァ><ハァ>(カカシ)


(確かにオレはクズだ……

だがオビト…
お前はずっと)(カカシ)

「神威…」<スゥ>(カカシ)

(オレにとって英雄だった……
どうして…)(カカシ)

<ズオオオオオオオ>(カカシ)

多分、外道魔像放置されてる自分の立場がいたたまれなくなって「オ…オイッ!!」と隅っこで突っ込んでると思いますが、ガン無視でお話は進行しています。僕が外道魔像だったら頭に来て意地でも覚醒して世界を恐怖のズンドコに沈めますが、やはり八尾と九尾の代用品が足枷になっているのでしょう。ま…冗談はさておき、カカシとオビトのガチバトルが始まってしまいました。ところで、カカシとオビトの「神威」ですけど、左右の眼で役割や性格が違うのは明らかなんですが、時空間移動に関しては共通のようです。というのはオビトがカカシを「神威」で神威の時空間に飛ばしちゃう(吸い込んでいるように見える)んですが、そこからカカシは自分の「神威」で現空間に復帰するんです(後述)。

これまでの描写でカカシが「神威」で遠距離に在る目標を切り取っていて、逆にオビト(トビ)は、その「切り取り」を使っていません。その代わり、所謂、「吸い込み」「すり抜け」を有効に使っています。しかし、チャクラをしこたま練り込んだカカシが外道魔像の首を刈ろうとした時、オビト(トビ)の「神威」がそれを阻止する描写が残っておりまして、オビトの万華鏡写輪眼は左右共、ほぼ同等の能力を有していると考えるべきだと、僕は思っております。ただオビトはオリジナルの「うちは」であり、黒ゼツを含む「うちはマダラ」という知恵袋がありましたから、能力の開発がカカシよりも進んでいたから、瞳力の表面的なバリエーションが多かっただけなんだと思います。

ここは単独で過去に開眼していた万華鏡写輪眼を探し出し、全く無の状態からその瞳力を掘り起こしたという点で、カカシのセットアップ能力の高さを賞賛するべきでしょう。僅かに「うちはの石碑」の導きの臭いとか、大蛇丸の関与が黒犬としてのケルベロスにはあるんですが(僅かじゃない罠…)、それは描写が存在しないので棚上げです(笑)。多分、カカシは第一部と第二部の狭間で「カカシ外伝」に出演しつつ、その間隙を縫って必死に修行して、万華鏡写輪眼を抉じ開け、「神威」の瞳力を暗中模索したのだと思われます。しかし、その血の滲むような努力を、可愛い愛弟子のナルトとサクラに一笑に伏された…しかも、久方ぶりに再会を果たした直後に…のは「多大なる後悔」の芽(笑)。

もしかしたら、そのショックでカカシが再度開眼した…!?なんてのは絵の上手い同人の先生4コマにして頂きまして(誰か書いたら送って〜ッ!!)、カカシとオビトの瞳力の内容の差は、二人の以上の理由で発生したのではないかと思います。これは生物学的な発達論を研究するには物凄く有為なサンプルに思えます。もしもあったら困るけれど、第三部が存在して、後述されるカカシの「死亡フラグ」を何とか引き抜いてカカシが存命できたなら、カカシがオビトの万華鏡の使用法を自分にフィードバックし、尚かつ、「柱間の細胞」を自分に載せてトビみたいに神出鬼没な戦法を会得する可能性があります。ま…その為には大蛇丸の人体実験データは必須だったりしますが、第三部まではご勘弁を(笑)。

逆にオビトがカカシが使う遠距離攻撃の「切り取り」を隠し持ってる可能性も高い訳で、カカシとしては勿論十二分に警戒はしているでしょう。オビトが単一の能力である「神威」「吸い込み」「すり抜け」といった感じに見せかけて使っていたのは、偏にカカシの万華鏡写輪眼との関連を秘匿する為だったと、僕は考えています。しかし、既にトビはオビトだったとバレてしまいましたから、オビトはカカシが偶々気付いた「神威」の使い方を封印する必要がなくなった訳で、カカシがオビトから万華鏡の使い方を学習(或いはコピー)する以上に、オビトの自由度はオビトの攻撃力に転化されるでしょう。だから、このままだとカカシは相当ヤバイんですよ。それでも…カカシの「死亡フラグ」なんて困ります罠。

業務連絡(121112):僕の愛機(iMac Early2008 MB323J/A 2.4GHz Intel Core 2 Duo/20inch)のHDDが死にそうなのです。これから筐体を開けて手術することになりました。ついでに円盤をやめてSSDにしてみようと思っています。その間オフラインになりますが御心配なく。久々にパソオタの血が滾(たぎ)るトラブルです(笑)。上手くいったらちゃんとそっちもレポート上げるので楽しみにしていてください。死にそうなHDDの中には相方とのイチャイチャデータが大量にあるので先ずはタイムマシンでバックアップして…と。…という事でまたブツブツの感想アップですがご容赦ください。校正、修飾全て割愛にてゴメン(あまりにも酷いんで修正してからカキカキさせて貰いましたC)。SSDに換装終了してタイムマシンのバックアップから(マンマのマンマに)現状復帰しています。ご心配をかけましたが、いろいろと収穫がありました。詳しくはレポートにて報告します。またSSD化検討してる人は相談してみてください。メッセージからどうぞ。返信のメルアド忘れないように。

 

第608話「カカシの決意!!」② | BLOG TOP | 第607話「どうでもいいんだよ」④追記(121103)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。