スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第610話「十尾」①

 
「!!

も…もしかして…」(ナルト)

「…あれは…!!」(カカシ)

(間違いねェ)(キラ尾)

<ハァ><ハァ>「…!?」(ガイ)


<ザッ>(マダラ)

<ゴゴゴ><ゴゴゴ>

<ザッ>(オビト)


<ズオオオオ>

「!!」(カカシ)

「くっ…!!」(ナルト)


「ああ…アレが…」(九喇嘛)

<ゴゴ>

「十尾だ!!」(九喇嘛)

「ギィィィィ!!」(十尾)

<パキ>←ココ!!これに注目!!

ぶっちゃけたところ、僕は「これが十尾なのか?」を疑っていま…って言うか、完全な十尾の姿なのかを疑っています。さもありなんに九喇嘛がこれを「十尾だ!!」と認定していますが、九喇嘛は十尾を九分割して生まれたチャクラの一つに過ぎないのだから、九喇嘛が生み出された時に十尾は既に無く、九喇嘛は十尾を実際に見れない筈ですから、よく考えると根拠が薄いです。それに僕にはどうしても二重写輪眼のモノアイのばけものが、風の谷のナウシカで苦し紛れに復活させられた巨神兵に見えてしまって仕方ないのです。未だ熟さないか、熟し過ぎて腐ってしまったか…トホホな状態で孵化したが為にドロドロに融けちゃった巨神兵「火の七日間」で世界を灰燼に帰した破壊神…。

外道魔像もオビトが八尾のタコ足一本と金角銀角の九尾代用で見切り発車してマダラに呆れられたんですよね。そう考えてると、何故だかオビトがクワトロに見えて仕方ないのですが(笑)。ま…全然関係ありませんが顔がちょっと似てます。が、こう長くて一杯生えてて…ウウッ苦しい(笑)。しかし、誰もが実物を見た事ないのでしょうし、外道魔像が苦しがってて次に現れたのがこの子で、妙に厳ついから「十尾だ!!」と断定するのは如何なものかと、何気に僕は思う訳です。確かに物凄い何かを発するデカ物で、尻尾も十本あるようですから、十尾と言われれば十尾。しかし、この子がホントに十尾の完全な姿だったら、ホントに『NARUTO -ナルト-』が終了になると…<プッ>。

だから、少なくとも僕はこの子が完全な十尾じゃなくて、不完全な出来損ないであって欲しい…と、(節穴のような)眼を皿のようにしてアラを探してみたのです。そしたら、九喇嘛「十尾だ!!」と断言した直後に<パキ>と十尾(?)のが綻びる描写があるじゃないですか!!こんなに沢山のが生えてるから一本くらい…何でも無いかも知れませんが、ここからバタバタと崩壊して行って貰えたら、どんなに有り難いか(笑)。でも、十尾の咆哮(ほうこう)がどれ程強烈だったかを示す描写だったかも知れないので、アレですが、十尾の「ゲシュタルト崩壊」ってのも「アイデンティティ論」を軸とした『NARUTO -ナルト-』には似つかわしくもあると思えてならんのです。

「ゲシュタルト崩壊」とは、全体性を持ったまとまりのある構造から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象(wiki参照)…とされていまして、2chでは受け容れられないような衝撃的な情報を入手した時に自分が粉微塵に砕けるのをそう表現したりもします(笑)。既に十尾に取り込まれていた一尾〜七尾(一尾は未確認ですけど)は十尾を分割したチャクラと同一ではなく、独立した自我宿主たる人柱力との関わりの中で成長を重ねた存在なのであります。人柱力のシステムとは六道仙人が考案したと記憶していますが、アレは尾獣を閉じ込めるだけでなく、人柱力と尾獣がチャクラ交換をする為のシステムだったんじゃないかと思うんです。

ナルトと九尾・九喇嘛がここまで解り合えたのは、ナルトの温かなチャクラが九尾を感化したからだと思いませんか?それがあって九喇嘛はナルトを好きになり”尾獣モード”が成った訳です。六道仙人は九つの尾獣達に言い残した言葉(←後述します)がありました。それは、これを指し示す「予言」だったのではないかと思えてならんのです。加えて、トビたるオビトが丸っきり関与できなかった尾獣の「心の階層」でナルトがテイルズの親任を得るに至り、「九つの名前」「約束のチャクラ」を拝領した事実。今、十尾の中で混ぜこぜにされ自我を無くしてしまわず、一体化せず「個」を保った「尾獣のチャクラ」が暴れ出そうとしてるんじゃないか?していればいいな!!と、僕は思うのです。

十尾が九つに分割され一尾から九尾の尾獣が生まれて、それが忍と関わって、それぞれがそれぞれの苦悩の中で成長してきた筈なのです。その差分がどう転ぶか?それに一番期待していたのは六道仙人だった筈です。思えば、あの描写がそうだったんだ…と、震える想いであります。今、それを説明するには時間と体力がないので、出来れば火曜日〜水曜日まで待って頂きたい。そんな訳で、いよいよ目の前に登場した十尾(?)なんだけど、不完全だか、ゲシュタルト崩壊だかでポシャろうとしてると、僕は考えておりまして、その期待感が十尾(?)の<パキ>すら、崩壊の序曲に聞こえてしまうんだわさ(笑)。何だか上手くまとめられないけれど、これで「チャクラって何なのさ!?」が説明できる筈。

<パキ>(歯が…)←お前のは単なる老化だろッ!!

一気に書けなくてゴメンねー!!

いつもごめんなさーい!!

続きまーす@ヘトヘト。


第610話「十尾」② | BLOG TOP | 第609話「終わり」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。