スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第611話「到着」④

 
<ドッ>(十尾)

「…!!!」(ナルト)

<ドドドドドドド>


「……!!」(オビト)

<チッ>(オビト)

<ゴゴゴゴ…>

「!」(ガイ)

「これは……」(カカシ)

「……」(ナルト)



「ハズした…?
わざとか…?」
(カカシ)

<ゴゴゴゴゴ>

<バッ><バッ>「カカシ!ガイ!
待たせたな!」
<バッ>

「!」(ナルト)

「ようやくか…」(カカシ)


「ナルトくん
大丈夫!?」<ザッ>(ヒナタ)

白眼のサポート
ドンピシャの心転身

たったの2秒でハジくなんて…!」(いの)

「それでもデカブツの
攻撃ポイントはズラせた
上出来だ!」(日向)

<ザッ>

「オウ…」(ナルト)

「ヒナタの前だからって
強がんなくてもいいぜ

ナルト!」(キバwith赤丸)

<バア>(蟲邪民具の術!!!)(油女)

<フワ>(霧隠れの術!!)(霧隠れ)

<ザザ>「来たよナルト!」(チョウジ)

「…よし

これで簡単には感知されねー(だろ」シカマル)

「ビー様!!
思ったより大丈夫そうね!」<ザザ>(カルイ)

「ビー様!!
重傷じゃないっスかぁ!!」(オモイ)

「ガイ先生

まさか昼虎を!!?」<ザッ>(リー)

「!!」(ガイ)

「遅くなりました
カカシ隊長」<ザッ>(サイ)

「サクラちゃん
まずは…!」
(ナルト)

<サッ>「分かってる!」(サクラ)

オビトとマダラの温度差についてですけど、マダラは世界が無くなってしまっては困るし、独りじゃ淋しいから無能な烏合の衆と一緒に「夢」を見たいと思ってるのに対して、オビトはもう自分一人だけ残ればいいと思ってるところかな。ナルトが余りにも執拗に「火影」に拘る姿に閉口して、「ナルト=火影」を承認しながら、「この世界ごと消えろ」と十尾のチャクラ砲の引き金を引いたのは、オビトが「夢」いろんなキャラを創って、自分だけの「夢」を見ようとしてるからだと思います。その中には火影・ナルトが居たり、時間にルーズなカカシが居たり…(笑)。リンちゃんは「夢」のキャラなのか、輪廻天生で受肉した実体なのかは不明ですが、僕がオビトだったら「夢キャラ」にする罠。

…というのは、輪廻天生したリンちゃんの魂が再びカカシを選んだりしたら、それこそ目も当てられません!!きっと「六道の力」も恋愛には干渉できんでしょうからオビトに為すスベ無し(笑)。しかし、「オレのための輪廻天生の〜」ですからね…。それでもリンちゃんと一緒に居たいと思うかも知れないので、夢キャラか否かは五分五分という事でで手を打ちましょう(笑)。ま…それはさて置き、とうとう忍連合が対マダラ&十尾の戦場に登場しましたね。オビトが十尾に撃たせたチャクラ砲の軌道をいのの心転身が微妙に狂わせたようです。白眼のサポートはヒナタちゃんが行ったみたい。ヒナタちゃんはオビトのチャクラの位置や距離をモニターする事でいのが心転身の術に集中できたんでしょう。

しかし、そんなドンピの心転身を僅か2秒で弾くとは…柱間の人造体が吐き出すチャクラと輪廻眼恐るべしすな。でも、ほんの僅かな時間であろうとオビトに干渉する手段がある訳だ。これなら奈良家の影縛りなんかも有効でしょう。でも、十尾がハズしたところにたまたま他の忍が居たら一巻の終わりだったでしょうが、そこはシカクが統括する作戦司令部が管制する通信ネットワークが機能してて、味方の損害が出ない方角と、決してそこからは戦場に侵入しないお約束があったのでしょう。その後、続々と登場する忍連合の仲間達が何気に統率がとれてて、油女の蟲邪民具の術霧隠れの忍の霧隠れの術は明らかにシカマルが指示した戦術(…よしこれで簡単には〜)なのが通信ネットワークの存在を示しています。

それと非常に余談ですが、ナルトとヒナタのカップリングって木ノ葉公認なんですかね。キバのこの一言が心の平静を波立たせてませんか?僕は基本的「ナルヒナ押し」なんですが、それは個人的な嗜好でして、何て言いますか、体型?雰囲気?あと…<ピーッ>←FC2の検閲で却下!!)とかが関係して個人的にヒナタちゃんが好きなのね(笑)。でも、過去にナル×ジャンでヒナタちゃんを押したらお叱りを受けた事があって、例えばカカシが「受け」「攻め」かで取っ組み合いの喧嘩になるくらい、この手の問題はデリケートなんですよね。リアルでナルトのファンの方々と会う事も100%ないし、結構、ヒッキーな私生活を送ってまして、いろいろと人間関係にも疎いのでゴメンナサイ(笑)。

ま…世界が終わるか否かのこんな時に、そんな話もアレですんで、兎に角、忍連合が十尾が復活してしまった戦場に到着して密集隊形をチャクラ砲で射抜かれてお仕舞い…おっと白昼夢が…じゃなくて、先ずは目くらましして体制を整えてこれから攻勢に転ずる…という流れなんだと思います。十尾のチャクラ砲はそうそう撃てるもんじゃなく、ましてや「月の眼の儀式」の為に十尾だってチャクラを温存しなきゃーならないので、一応、忍連合の結集と言いますか、合流は容認しても良いでしょう(笑)。先きの心転身の介入など、全く打つ手がない訳でもないし、何となればナルトが、オレの仲間は死なせねェ!!と気を吐く筈。そう!!そうなんです!!

それが十尾打倒の突破口になると思うんだな…。

もう一丁!!…続きます。


 

第611話「到着」⑤ | BLOG TOP | 第611話「到着」③

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。