スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第616話「忍び舞う者たち」①

 
「…………へ」(重吾)

(…このチャクラ…何だ?)(水月)

(ここにいる全員…
感知タイプじゃないにも関わらず
チャクラを感じている

…このチャクラは…)(大蛇丸)

「…行くぞ
さっさと案内しろ大蛇丸」<ザッ>(サスケ)

(……
少し気になっているようね)
(大蛇丸)

(ナルトくんが…)(大蛇丸)

火影岩…復興されつつある懐かしい街並…大蛇丸のナビで"鷹"の面々は木ノ葉隠れの里に導かれているようです。アンコの呪印から解邪法印で復活した大蛇丸にサスケは「全てを知り自分で考え答えを出し己の意志と眼で成すべきことを見据えたい」(ep593/復活の大蛇丸)から協力しろと申し出ました。それで大蛇丸はある場所にサスケを導く約束をしています。兄系の高みを目指す波に揉まれまくったサスケの人生を上手く説明する為には、僕はどうしても「うちはの石碑」の説明が必要だと思っていましたので、多分大蛇丸が向かう先きは木ノ葉隠れ…南賀の神社(跡かな?)のうちは一族の秘密の集会場…だろうとは見当がついていましたけどね。

もっともサスケはうちは虐殺直後イタキサの木ノ葉強襲事件(カカシが月読でブスブスとイタチに突き刺されたアレ)で「うちはの石碑」を一応解読していまして、うちは虐殺で第一次覚醒(一つ巴文様)を済ませていましたが、恐らくチャクラ不足でサスケの写輪眼は波の国任務の対「白」戦まで休眠していたでしょうから、未覚醒状態と第二次覚醒(二つ巴文様)で解読内容が変化することに気付いているでしょう。賢いサスケだから自分の写輪眼のスペックアップの度に「うちはの石碑」を読みに木ノ葉に忍び込んで…と考えたりもしましたが、サスケは大蛇丸のような情報強者でもありませんし、賢いからこそ凶状持ちの身として木ノ葉の敷居は跨がなかったのかも知れませんね(笑)。

しかし、イタチが何度かサスケに「どこまで見えている?」意味深な質問を投げかけましたが、それが「うちはの石碑」解読範囲であろうことをサスケが認識しているかは甚だ疑問です。折角ヒントを与えようとしていた(のかな…?)イタチに酷い悪口雑言(あっこうぞうごん←テスト出るぞ〜!!)で応酬していましたから(汗)。でも、そういう”ツン”としたところがサスケの魅力だから仕方ないか(笑)。しかし、サスケの言葉の槍が向かう先きがイタチから大蛇丸に変わっただけだけど懐かしい感じがしますね。ま…その大蛇丸が居るから木ノ葉隠れの厳重(なのかな?)なセキュリティを搔い潜って潜入できるんだけどね。それにはサスケもしっかりと感謝してると思います。

つーか、大蛇丸を復活させるリスクを冒しても得るものがあると踏んだのはサスケだからね。ただ怖がってフタをしようとした水月とは認識の深さが違います。そこら辺が大蛇丸にも解るのでサスケを拒絶しないのです。そういうオトナの認識が二人の関係性を構築してるのが素敵…ス・テ・キです!!ホントにサスケは気持ちのいいオトナに変貌しましたね。しかし、サスケは「うちはの石碑」を本当に理解してないのかな?ちょっと不安(笑)。サスケは物凄く賢い子だから…。写輪眼がスペックアップして読める内容が変わったら「アレッ!?」って思う筈なんです。だから、一行が向かう先きが「うちはの石碑」じゃない可能性もある罠。もしかしたらコハルとホムラに事情聴取かァ!?

しかし、それだと「うちは虐殺」の顛末くらいしか解らないよな…。それに、その辺のお話は読者としては散々頂戴して来たので、やっぱ「うちはの石碑」の方が面白いです。もっとも「うちはの石碑」に脚光当てて膨らませてるのってナル×ジャンの独断と偏見の暴走列車(←自覚があるんかーい!!)だから。しかし、凄い余談だけど、未だにサスケは大蛇丸から授かった「草薙の剣」を大切に愛用していますね。(さや…元鞘のさや)なんて何度も放っぱらかしてるのにしっかり回収してるし(草薙の自動帰還?!)、嫌いな人から貰ったものをこんなに大切に使うもんですか!!大蛇丸はそういう心の機微が解る人だから、別に口には出さないけどサスケの大蛇丸に対する理解を感じてますって。

エーッと、お話が逸れまくって申し訳ありません。大蛇丸と"鷹"の面々が感じるチャクラ…ですよね。重吾は感受性が他と違うけど一応全員感知系じゃない筈。香燐が居たら真っ先に騒いでるだろうけど。勿論、これは十尾に反撃フラグをおっ立てるナルトが垂れ流すチャクラなんだけど、サスケ達が佇む火影岩の見える場所がメチャクチャひっそりと静まり返ってて戦火の「せ」の字もないようなので十尾の戦場から遠く掛け離れた場所なんだと思います。それでも感知タイプじゃない子にも解るって事はメチャクチャ強くて特異なチャクラだということでしょう。そういう物凄いチャクラをナルトは発散させて、サスケ達をらせてる訳だ。キッ神って…まったくもって導入が上手ですね。

蛇足ですが…香燐の「救出フラグ」も立ったかな…と。

今週もボチボチ書いて行かせて…続きまーす。


第616話「忍び舞う者たち」② | BLOG TOP | 第615話「繋がれるもの」⑤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。